• HOME
  • 診療案内
  • 小児歯科

小児歯科

小児歯科とは

小児歯科とはお子様の健康な歯を維持することにより健全な発育をサポートするための歯科治療全般をいいます。

大事な乳歯

乳歯のときに虫歯のまま放置してしまうと、質の弱い永久歯が生えてしまうことがあります。また、乳歯や、生えてきたばかりの永久歯は虫歯菌への抵抗力が弱いので、定期的に歯科検診を受けられることをお勧めします。

虫歯と歯並びの関係

乳歯は永久歯の生えてくる場所を確保する役目もあります。 乳歯が虫歯になると、歯並びが悪くなる場合があります。 結果、永久歯にも影響を及ぼし、将来虫歯になりやすいお口になってしまう事もあるのです。

小児歯科独自の治療方法

「歯医者を嫌がるのでは」と不安に思ったり、治療を嫌がるお子様に悩まれる保護者の方は多いと思います。

当医院では、無理やり押さえつけて治療はしません。

時間や回数はかかってしまうかもしれませんが、お互いの信頼関係を築いてから治療にあたります。 一緒に来られる保護者の方も根気がいりますが、あせらずゆっくりと見守ってあげてください。
※緊急の処置が必要な場合は除きます。

小児歯科治療には独自の方法があります。
当院では、子供が無理なく治療を受けられるようにしています。
・Tell Show Do法
・10カウント法
・導入法(例えば、タービンのことをジェット機だよー、ミラーのことをカガミだよー、
 バキュームのことをそうじ機だよー、など)
・歯磨きで治療をはじめ、歯磨きで治療を終える方法
・そして最後には、みんなで、たくさんほめてあげます。

予防歯科

歯科の定期検診をお勧めします。 国民の多くの人がむし歯、歯周病になっています。 痛くなってから悪くなってからではなく、悪くならない様につまり予防をしていく様に考えて下さい。 私たちがお手伝い致します。



小児矯正

子どものときに矯正を行って

綺麗な歯並びを
一般に矯正治療は永久歯が生えそろってから 始めるものと考えられがちですが、
悪い噛み合わせは乳歯の時期にも乳歯から 永久歯に生え変わる時期にも起きますから、
タイミングよく治療することが大事です。
 

小児矯正とは
小児矯正は、顎が成長する6歳~14歳までの間に行うことが有効だと言われています。
成長発育をしているので上下の顎の骨のバランスを整えやすく、 理想的な歯並びを得ることができます。

子どもの矯正は、一期治療(乳歯と永久歯が混在している6~12歳くらいの時期)と二期治療(12歳くらい~)の2段階に分かれています。
治療を開始する適切なタイミングは人によってさまざまです。その子にとって最適なタイミングをご提案いたします。

小児矯正治療のメリット

・抜歯のリスクを抑える ・発音が明瞭になる ・歯や顎への負担を減らす など


みすみ歯科医院
■アクセス
山口県宇部市厚南北5-2-32
TEL:0836-44-0203
宇部駅から徒歩約7分
■診療時間
月火水金:8:30~12:00 14:00~18:00
土 :8:30~12:00 14:00~16:30
■休診日
木曜・日曜・祝日
※ただし祝日のある週の木曜日は
終日診療します。